肌の奥まで有効成分を届けられる化粧品

ビーグレンの化粧品は真皮層まで浸透するの?

肌への浸透力が必要なわけ

ビーグレンはお肌への浸透力が注目されている化粧品です。他の化粧品とは異なり、圧倒的な浸透力があると宣伝されています。なぜそれほどまでに浸透力があるのか、また、お肌への浸透力が化粧品にとって、それほど重要なのか、少し解説しましょう。
化粧品はいろいろありますが、特に基礎化粧美容液は、ファンデーションのノリが良いなど、最終的に化粧品の能力を発揮させるために重要です。基礎化粧品によって、張りのあるスベスベのお肌ができていなければいけないのです。その化粧品に浸透力が無いと、張りのあるお肌の再現ができません。

 

医薬品と同じ成分で浸透力アップ

ビーグレンは、医薬品にも使われている成分が含まれています。この成分は、医薬品の分野で、肌の内側まで成分を行き渡らせるテクノロジーとして開発されました。日本では化粧液は医療で使うものではないという見解から、化粧品には使われてこなかった歴史があります。ところが、最近の規制緩和と、肌の奥深くから改善していく必要のある肌のくすみや吹き出物などをなくすために、その技術を使わなくてはいけないというニーズが高まってきました。このような背景もあり、やっと化粧品にも使われるようになりました。

 

医薬的効果と化粧品の融合

この技術を開発したケラー博士は、肌の奥深くまで浸透していくための医療技術と化粧品の有効成分の両方がうまく作用しないと、本当のきれいなお肌は実現しないという考えを持っていました。
そして考えついたのが、有効成分をリボソームに運ばせるというやり方です。リポソームは人間の身体でもよく働いている物質で、抗がん剤を目的の細胞まで届かせるために使われることがあります。この方法がお肌の奥深くまで有効成分を届けることに使われることになったのです。

 

皮膚の構造をおさらい

ここで皮膚の構造をおさらいしておきましょう。皮膚の役割は、人間の体内の状態を外側の環境から守ってやることです。汗によって水分を蒸発させ、身体の中を冷やす、逆に汗腺を閉じて身体の熱を外に出ないようにする、調整を行うときに重要な役割をします。直接外気に触れるところは、適度に皮脂が表面に広がり、肌の潤いを保っています。角質層はその皮脂によってある程度水分が一定になっていますが、長い間直射日光に当たるなどして、水分が奪われすぎると、角質層の細胞は垢になってしまいます。こうなると、水分不足だけでなく、いろんな最近が体内に入りやすくなってしまいます。
しかし、角質層がダメになれば、野ざらし状態になるかといえばそうではなく、その下の基底層や真皮で細菌等の異物を体内に入れないようになっています。ですから、真皮まで有効成分を届くようにするには、特殊な技術が必要だったのです。

 

 

ビーグレンが人気なのは最先端医療技術「QuSome」に秘密がある

 

化粧品の成分は肌の内側まで届かない

様々な化粧品がある中で、肌の下から若返った気分になれる化粧品には、なかなか出会えないと思います。ましてや基礎化粧品をちゃんと運用しなければ、お肌は老化するばかりです。基礎化粧品でケアしていても、暑い夏には化粧が汗で浮いてしまうなどの症状に悩まされる人も多いでしょう。人間の身体にとって、化粧品の成分は「異物」でしかなく、体内に入るまでにブロックされてしまうのです。表面だけの化粧はきれいにならないだけでなく、肌にとってかえって悪い場合もあります。

 

身体の中から美人になりたい

「美人の条件は内から輝くこと」とよくいわれます。ダイエットをする、栄養バランスの良い食事をするなど、日頃から努力している人も多いかと思いますが、肝心の化粧品はどのくらい関心を持って使っているでしょうか。最近の化粧品にはいろんなものが含まれています。健康に良さそうな天然成分を配合したものも多くあります。コラーゲンやビタミンCなどの文字が躍っていれば、思わず手が出てしまうという人もいるでしょう。
しかし、このような物質が素直に肌に吸収されるかというと、そうは簡単にいきません。多くの場合、肌の表面で「異物」が来たと判断され、皮下組織に届くまでにブロックされてしまうのです。ですから、食事の中でそういった栄養を摂取するというのが大事といわれているのです。

 

肌に直接効果のある化粧品「ビーグレン」

どのような有効成分も必要な場所まで届かなくては効果が無いのですが、普通の化粧品ではなかなか底まで届かないというのが常識でした。ところが、今話題のビーグレンという化粧品は、化粧品でありながら肌の奥まで有効成分を浸透させ、内から美人になれる化粧品です。
その仕組みを支えるのが、「QuSome」という最先端の医療技術です。アメリカのケラー博士が開発したこの技術を化粧品に応用することで実現したのです。人体での重要な役目を果たすリポソームに有効成分を運ばせるので、有効成分がしっかり働き、美しい肌を実現するのです。